「長い間、私はお茶にうるさいほうだと自認していたが、それがうぬぼれだったことを中村邸で思い知らされている。」「小粒の梅干しにくっきりと紫の紫蘇の葉がまつわりついて白い陶器の皿に映え、一幅の画かと見まがうほど」・・・一杯のお茶が、供じた人のひととなりまでをも語ることもある。日本の心Omotenasiの真髄がここに。 横浜録音図書のおなじみ「横浜CD文庫」リメイク版!…

商品説明 タイトル 魔陀羅・転生篇 ラジオドラマシリーズ 全5巻 メーカー ポリスター 状態ランク D ディスクは綺麗な状態ですが、ケースに擦れ、傷、やけのダメージあります。 (アンケートハガキ、オビ、チラシなど欠品している場合がございます。) 発送方法 宅急便 代引き発送(宅急便送料+代引手数料) ヤマト運輸での発送となります。 日本郵便レターパックプラス レターパックプラスでの日時指定、 代引き発送は出来ませんので、ご了承下さい。 上記いずれかの発送方法をご選択ください。 注意 店舗併売品となっておりますので、売り切れとなっている場合もございます。 ご理解お願いいたします。 状態ランクの表記説明 S新品 A パッケージ開封の未使用品。もし…

いったい「足の裏」って何だ。地方都市でおきた強盗事件によって、思いがけずにあぶりだされた格式ある寺院の秘密は・・・。英語、フランス語、スウェーデン語などに訳され広く読まれている作品です。 横浜録音図書のおなじみ「横浜CD文庫」リメイク版!…

銭形の親分。ガラッ八。聞いたことないという日本人はおられまいと思えます。貴顕紳士も夢中になった銭形を、絶品の語り口でお楽しみください。——高利の金貸しまでしていた大百姓・井筒屋重兵衛が死んだ。「死にようが、あんまり変っているから、こいつは唯事じゃありませんよ、親分」平次が訪れると井筒屋は大騒ぎ、息子の重太郎が父親と同じ症状で急死したというのです・・・  監督/吉田純子・編集/三好達也_林岳史…

湯飲み茶碗(岡山・備前) 陶芸仲間をさそって備前焼の町伊部の駅に降り立った。彼女は早く友人と分かれて、一人で訪ねたい窯元があった。 姉と妹(福島・三春) 久しぶりに会った姉は田舎暮らしを楽しんでいるように生き生きとしていた。彼女は胸に秘めた頼み事を姉に、どう切り出そうかと思いながらも明るく振舞っていた。 横浜録音図書のおなじみ「横浜CD文庫」リメイク版!…

長兵衛は、井筒屋の番頭として商いを大きく伸ばし今年も大仕事を終え満足だったが、「あたしは近々隠居して息子に店を譲ることにする。これからは若いものに任せたい、おまえにはよく尽くしてもらったが、あたしと一緒におまえも身を退いてくれ」主人からの突然の申し出に長兵衛の心は波だった。(時代小説) 横浜録音図書のおなじみ「横浜CD文庫」リメイク版!…

「この裏まちのぬかるみに青いお空がありました」の『ぬかるみ』をはじめ、『芝草』、『ゆびきり』、『月と泥棒』、『学校へゆくみち』など、みすゞ中期の作品を、(1)(2)あわせて94作品収録。 横浜録音図書のおなじみ「横浜CD文庫」リメイク版!…

ac03478a

AC03478 【中古】 【CD】 子供たちは夜の住人 ドラマ編

価格:¥600 (税込)  送料別 

 ハッピービデオ   レビュー:件数 0 /平均 0

【収録曲】  【01】 浮遊人  【02】 第一幕 家族の肖像  【03】 WONDERFUL WOMAN   他全13曲収録 ※歌詞カードホチキス打ち直しあり。 ★ 必ずお読みください ★ ----------------------------------------------------------------- 【送料について】   ● 1商品につき送料:300円      ● 商品の個数により、ゆうメール、佐川急便、ゆうパックの     いずれかで発送いたします。   当社指定の配送となります。   配送業者の指定は承っておりません。 ------------------------------------------------…

「おれに、くれるのか……」「うれしかったからさ。気もちよく、取っておいて下せえよ」御家人に乱暴をされていた老爺は、それを助けた平蔵に一分金ひとつつかませひょこひょこと弥勤寺橋の方へ去って行った。たまたまその場に居合わせた舟形の宗平、「盗賊改方の長官が、盗人に酒代をおもらいになる絵柄なぞは、どんな絵師でもおもいつきませんでしょうよ」「何と申す……」奇妙な縁の始まりであった。 監督/吉田純子・編集/三好達也 …

盗賊が押し入った蕎麦屋でただ1人助かった小女の証言で、盗賊の似顔絵を描いた石田竹仙は、達者な筆運びで絵を仕上げたが、なぜか描き終えたときには、疲れきって口もきかぬようになってしまった。—鬼平犯科帳より—(時代小説) 横浜録音図書のおなじみ「横浜CD文庫」リメイク版!…

江戸時代末期、大川の端の旅籠「かわせみ」を舞台にした人情捕物帖。 ——足袋問屋三河屋の主人・喜兵衛の嫁はくらやみ祭りで消えてしまった。数年後、嫁に瓜二つの「娘」が現れた。喜兵衛にとっては夢のよう。——その三河屋の孫息子が水死した・・・ 横浜録音図書のおなじみ「横浜CD文庫」リメイク版!…

慶応三年八月。筆屋の東山堂は看板姉妹が穂先を舐めてそろえてくれる「舐め筆」で繁盛していたが、その姉娘・おまんが毒死。半七は妹娘のお年の縁談に目をつけ、常磐津師匠の妹・お粂のつかんだ手がかりをもとに、犯人を追って上州・妙義山へ……幕末の江戸で、人情にゃ篤いがクールな知性派、半七親分が大活躍!…

江戸時代末期、大川の端の旅籠「かわせみ」を舞台にした人情捕物帖。 ——「かわせみ」ではお吉が、客の弁当用にとワッパやメンパと呼ばれる曲げ物に凝っていた。 「俺のじいちゃんは日光曲げ物を作らせたら一番だ」と話す弥吉は、じいちゃんの後をついで曲げ物職人になるか、江戸の父の店をつぐべきかと迷っていた。在所では芋嵐の吹く季節になっていた・・・ 横浜録音図書のおなじみ「横浜CD文庫」リメイク版!…

父の任地へ向かう頼りなげな母と子二人と女中の一行。行き暮れ疲れた彼らの隙につけいったのは、恐ろしい人買いたちだった。母と引き離され山椒大夫に売り飛ばされた安寿と厨子王は過酷な毎日を強いられる。いつか父母に会える日がくることを祈りながら耐える二人だったが——「安寿と厨子王」の物語として有名な森鴎外の作品です。  …

役宅に暮らす長谷川平蔵の目白台の私邸は長男・辰蔵とその妹の清が留守を守っていたが、この辰蔵、女あそびにかけては相当なものだった。今は雑司ヶ谷の鬼子母神境内にある茶店〔笹や〕の小女・お順に熱をあげていた。が、お順の父は実はただ者ではなかった・・(時代小説)監督/吉田純子・編集/三好達也_林岳史…

Code Profiler